入塾率をあげるための学習塾の改革とは

学習塾の入塾率が低下していることは、みなさんご存知でしょうか。学習塾も多くの他業種が参入し、最近では少子化の影響もあり、大手の老舗の塾が閉鎖されるニュースも記憶に新しいかと思います。問い合わせはあったとしても、入塾につながるのはそのうちの約半数ともいわれ、塾の生き残りも大変になってきました。そのため、今までは待ちの姿勢でいた塾も、待ちうける側から優秀な学生を獲得する側にならなければなりません。私たちが塾を選ぶにあたり、まず見るのが塾のホームページです。今までは塾のホームページというと簡潔に記載されているものが多かったのですが、最近では進学率や塾内の雰囲気まで載せているホームページが多くみられます。このように、塾側も生徒獲得のために、見せる技術の向上が必要となっているようです。

SKMコンサルタントのサイト

ワールドメイトについて

深見東州について

深見東州について

深見東州について

最新記事

  • 文部科学省が主宰の2014年全国学力テストを受験した小学6年生にアンケートを行なったところ、学習塾に …

    関連ページ①

  • 近年、チラシやCMにおいて、様々な学習塾についての情報を目にすることが増えています。昔からよりレベル …

    関連ページ②

  • 学習塾の中には、入塾する前に体験授業を受けることが出来るところが多くあります。体験することによって、 …

    関連ページ③